プルスの断バストまで先3日光

今月で1年3か月になる子ども。1年過ぎるまでは至極なかった夜泣きが、急遽始まり、只今が頂上。凄い時折、30取り分~1タームおきに泣いて起き、添いミルクする事40取り分。ふむふむせっかく寝た~と思いきや、その半後に起きて、気が付いたらたいてい早朝になっているモデル。
再び四六時中ぶらりで、母ちゃんのほうが自分がもたんわ~!と断ミルクすることを気合い。養育中ごろであった女房から、「これからミルクとバイバイだよ~」って言い聞かせするといいよと聞いていたので、2ウィーク先くらいから子どもに話しかけてみることに。自身、分かっているのか分かってないのか、にこにこしながらばいば~いとアプローチだけ振るようになりました。
ふむふむこんなにも四六時中ミルクに執着しているのに結構うまくいくんだろうか。断ミルクすると寝てくれるようになるって周りのママさん達も言ってたけど最適んだろうか。断ミルクまで後3お日様。夜泣きがなくなって寝れるようになれたらこれ程嬉しいことはないけれど、四六時中嬉しそうにミルクを飲む子どものムードを見れるのも後3お日様か~と思うと僅かうら淋しいような。よっしゃ、3お日様先々どうなるかな~。http://のびのびスムージー効果.jp/

北陸新幹線のグランクラスに乗ってみた

祖母の四十九日のため石川県に行くことに。
それまで石川県に行くときは高速バスか自家用車で行くことが多く、今回もそのつもりで予定していました。

しかし、四十九日はゴールデンウイークの最中のため、高速では混雑するのではという親戚からの話もあり今回初めて北陸新幹線に乗ることに。しかもグランクラスというグリーン車よりもランクが上のクラスに乗ることに。

なぜグランクラスに乗ることになったかというと、叔母がいつも親族の集まりに顔を出している私に何かお礼がしたいからと。

というのも、私の兄弟は3人いますが親族の集まりに顔を出しているのはいつも私だけで叔母はそんな私に、いつも遠くからわざわざありがとうという感謝をしたかったようです。

肝心の北陸新幹線ですが、私は埼玉住まいなので大宮から乗ることにしました。

ホームに新幹線が入ってきて、乗車口から乗ってみるとさっそくグランクラスの凄さを目の当たりにしました。

詳しくは北陸新幹線の関連ページをインターネットを探していただければわかると思いますが
入口の扉からして、普通の新幹線とは違い豪華で他の新幹線とはランクが違うことをアピールしています。

入口から購入した指定席に行くと、1人用のリクライニングがありました。

全自動のリクライニングチェアで、たった2時間ほどの乗車時間にはもったいないような仕様紹介する女性です。

座ってみると少し固めのソファーのような感じでした。

ちなみにこのグランクラスは飲み物が飲み放題で、座席に設置されている呼び出しボタンを押すと
グランクラス専用の乗務員が来て、注文を聞いて飲み物を運んでくれます。

気を良くした私は、早速スパークリングの梅酒を2本頼み堪能していました。

しかし、普段あまりお酒を飲まない私はすぐに酔っぱらってしまい新幹線の揺れで酔いが回ってしまったのか
乗って30分ちょっとで眠ってしまい、気付けば富山で金沢まではあと15分ほどで到着に。
やらかしてしまいました。。

後悔している間に金沢に着いてしまい、せっかくのグランクラスを堪能できませんでした。
叔母にこの話をしたら、何の苦も無く金沢まで来れたのだから乗ったのは良かったと。

次に乗るときは、もう少し落ち着いて乗りたいと思います。