脈の断母乳まで後3お天道様

今月で1歳3か月になる子ども。1歳過ぎるまではとてもなかった夜泣きが、突然始まり、此度が佳境。ひどい時折、30パイ~1時刻おきに泣いて起き、添いバストするタイミング40パイ。あ~はじめて寝た~と思いきや、その半後に起きて、気が付いたらだいたい昼前になっている形。
もっと四六時中ブラブラで、母ちゃんのほうが身がもたんわ~!と断バストすることを決断。養育中部であった夫人から、「もうすぐバストとおさらばだよ~」って言い聞かせするといいよと聞いていたので、2ウィーク前くらいから子どもに話しかけてみることに。当事者、分かっているのか分かってないのか、ニコニコしながらばいば~いと握りこぶしだけ振るようになりました。
あ~こんなにも四六時中バストに執着しているのにほんとにうまくいくんだろうか。断バストすると寝てくれるようになるって周りのママさん達も言ってたけど適切んだろうか。断バストまで後3日光。夜泣きがなくなって寝れるようになれたらこれ程嬉しいことはないけれど、四六時中嬉しそうにバストを飲む子どものフィーリングを見れるのも後3日光か~と思うと少し侘しいような。よし、3日光事後どうなるかな~。顔脱毛の効果は抜群です

梅雨入りさっきなのに暑さが続く。

ゴールデンウイークも終わり、梅雨入り前部で優しいお日様が続いています。温かいというよりは暑いという気がしていますが。会社で知り合いを見ても、トップスを脱いで過ごしている個人もいます。年々、ゴールデンウイークのご時世は外に出ることも数多く、日の意気込みで暑さを感じています。但し、今年は前年に比べると別に暑くなっているようで、日中に車を運転するときはエアコンのお世話になる時があります。なるたけ、エアコンの世話にならずにしたいとは思っていますが、現に作用しようとしても難しいです。こちらは秋現れだからか、暑い季節が不得意で、たえず夏場はうんざりとしています。年々、エアコン以外で快適に過ごす作戦を探していますが、何やら快適になりません。今夏は、また完璧温度を更新してしまうお日様が来るのでしょうか。そうして、今年も懲りずにエアコンを使わずに快適に過ごす作戦を探しています。ジメジメする梅雨に入る前にはじめて探し当てたいものです。善玉菌を増やすと体にいいようです

エアポートのオートメーションゲートの応用について

成田も羽田も、エアポートのパスポート探査にオートマチックゲートがあります。パスポートをスキャンして、両手の人差し指をスキャンすると、コンピューターが記入ニュースと照らし合わせてゲートを開くというものです。ぼくはオートマチックゲートを5年代ほど前に登録し、来訪時はしっかりそちらを使うようにしています。ホリデーピークなどエアポートが混雑しているさいも並ばなくて良いので、とても便利です。最初の記入はエアポートで30当たりほどかかります。重要実録などオートマチックゲートの前に置いてあるので、その場で記入申請をすることができます。時間に余裕があるさいに記入をなさることをお勧めします。とはいえ、オートマチックゲートで不便な条目もあります。チャンスの変わり目など指が乾いているとき人差し指がかしこくスキャンされなく、なんども試みる必要があり、原則普通のパスポートセーブのカウンターに行かなくてはならないことがあります。そしたら、オートマチックゲートを通る際には、出入国のスタンプが押されないので、パスポートを見直して自分がいつ異国来訪に行ったのか確認し難くなったと思りました。キレイモの痩せる脱毛を受けています

プルスの断バストまで先3日光

今月で1年3か月になる子ども。1年過ぎるまでは至極なかった夜泣きが、急遽始まり、只今が頂上。凄い時折、30取り分~1タームおきに泣いて起き、添いミルクする事40取り分。ふむふむせっかく寝た~と思いきや、その半後に起きて、気が付いたらたいてい早朝になっているモデル。
再び四六時中ぶらりで、母ちゃんのほうが自分がもたんわ~!と断ミルクすることを気合い。養育中ごろであった女房から、「これからミルクとバイバイだよ~」って言い聞かせするといいよと聞いていたので、2ウィーク先くらいから子どもに話しかけてみることに。自身、分かっているのか分かってないのか、にこにこしながらばいば~いとアプローチだけ振るようになりました。
ふむふむこんなにも四六時中ミルクに執着しているのに結構うまくいくんだろうか。断ミルクすると寝てくれるようになるって周りのママさん達も言ってたけど最適んだろうか。断ミルクまで後3お日様。夜泣きがなくなって寝れるようになれたらこれ程嬉しいことはないけれど、四六時中嬉しそうにミルクを飲む子どものムードを見れるのも後3お日様か~と思うと僅かうら淋しいような。よっしゃ、3お日様先々どうなるかな~。http://のびのびスムージー効果.jp/

北陸新幹線のグランクラスに乗ってみた

祖母の四十九日のため石川県に行くことに。
それまで石川県に行くときは高速バスか自家用車で行くことが多く、今回もそのつもりで予定していました。

しかし、四十九日はゴールデンウイークの最中のため、高速では混雑するのではという親戚からの話もあり今回初めて北陸新幹線に乗ることに。しかもグランクラスというグリーン車よりもランクが上のクラスに乗ることに。

なぜグランクラスに乗ることになったかというと、叔母がいつも親族の集まりに顔を出している私に何かお礼がしたいからと。

というのも、私の兄弟は3人いますが親族の集まりに顔を出しているのはいつも私だけで叔母はそんな私に、いつも遠くからわざわざありがとうという感謝をしたかったようです。

肝心の北陸新幹線ですが、私は埼玉住まいなので大宮から乗ることにしました。

ホームに新幹線が入ってきて、乗車口から乗ってみるとさっそくグランクラスの凄さを目の当たりにしました。

詳しくは北陸新幹線の関連ページをインターネットを探していただければわかると思いますが
入口の扉からして、普通の新幹線とは違い豪華で他の新幹線とはランクが違うことをアピールしています。

入口から購入した指定席に行くと、1人用のリクライニングがありました。

全自動のリクライニングチェアで、たった2時間ほどの乗車時間にはもったいないような仕様紹介する女性です。

座ってみると少し固めのソファーのような感じでした。

ちなみにこのグランクラスは飲み物が飲み放題で、座席に設置されている呼び出しボタンを押すと
グランクラス専用の乗務員が来て、注文を聞いて飲み物を運んでくれます。

気を良くした私は、早速スパークリングの梅酒を2本頼み堪能していました。

しかし、普段あまりお酒を飲まない私はすぐに酔っぱらってしまい新幹線の揺れで酔いが回ってしまったのか
乗って30分ちょっとで眠ってしまい、気付けば富山で金沢まではあと15分ほどで到着に。
やらかしてしまいました。。

後悔している間に金沢に着いてしまい、せっかくのグランクラスを堪能できませんでした。
叔母にこの話をしたら、何の苦も無く金沢まで来れたのだから乗ったのは良かったと。

次に乗るときは、もう少し落ち着いて乗りたいと思います。