ドラマ「そうして誰もいなくなった」最終回を観て

1会話から各回どきどきビクビクしならが楽しみに観てきました。
「え、どうなるの?」とでっちあげるのが上手く、まんまとおしまい会話まで観させられたような意識です。
正直気になる部位も多かったです。
小山内が口にしていた「演劇時間の初めだ」という思わせぶりなせりふ。
まったくヒーローの敵ですというこういうツイートが、ただの口癖だったことには笑わせてもらいました。
また、日下が周囲の自身をほとんど操ってたことにも驚きました。
他人がこんな都合よく自殺したりユーザーに刃物を向けたりできるタイプでしょうか。
他にも、2億円を子分が持って行ったきりになっている部位、斉藤を冷凍したのは何の結果だったのかなど、伏線未撤収も数多く見られて無念心がぬぐえません。
せいぜいドラマですが、しばしリアリティーのある原作であってほしかったなと思います。
ただ、唯一良かった点は、伊野尾さんに日下の役を持ってきた部位でしょうか。
彼氏は元々ミステリアスな趣きだったのと、中性的フィーリングがこういう役どころと非常に調和ていたように思います。
何だかんだ低下説も書いてしまいましたが、おしまい会話まで「気になる!」と思わせた原作の繁栄だ。
また秋からもドキドキするようなドラマが見られるのを期待しています。財産を維持したまま大幅に借金の減額ができます