紳士の不義とお母さんの不義はおんなじ?

ダディーのアバンチュールと女房のアバンチュールは社会通念上おなじに扱われていますよね。ただし別れ法廷をした場合は親権は女性が得やすいですよね。ダディーのアバンチュールと女房のアバンチュールは少々違う傾向にあるのを世間が理解してくれるといいなと思います。ほとんど男の方が性欲激しいですよね。そうしてダディーは感覚無く性的な定義だけでロマンスに関心を持つことができます。それであれだけ風俗事業というのがあるんです。それに対して女性は気持ちがないと男性とくっつきたくなかったり、性欲も少ないですよね。色んな男性とくっつきたいという女性は乏しいし、淑女の風俗事業はほとんどありません。やはり個人差はあります。一概にはいえませんが男性と女房では性のとらえかたが大いに違う。なのにアバンチュールは同じようにしてはいけないというのは男性にとってはつらいですよね。気持ちがないのなら許してほしいですよね。ただし男性が仮にアバンチュールするのであれば、女房のアバンチュールを男性は許さなくちゃいけないはおもっています。債務整理は法律事務所で最後までやってもらえます